陶器、陶芸が高く売れる業者の紹介

投稿者: chiro | 2019年9月18日

陶器買取

皆さん、日本では各地で様々な陶器が焼かれていますが、
畿内と呼ばれていた地域では、陶器のことを瀬戸物と呼んでいるそうです。
そのような瀬戸物の主な産地を紹介したいと思います。
・ 益子焼(栃木県)
嘉永年間に現在の笠間市(当時の常陸国笠間藩)で修行した、大塚啓三郎が益子に窯を築いたのが始まりです。
〔特徴〕
砂気の多いゴツゴツとした土の質感をもち、また材料の性質上割れやすく、重いという欠点もある。
・ 九谷焼()
九谷焼は【古九谷】と【新九谷】に分けることができ、それぞれ特徴にも違いがありまう。
【古九谷】
大聖寺藩領の九谷村にて良質の土が発見され、当時の藩士である後藤才次郎を有田へ技能の習得に赴かせたのち、
1655年頃に藩の殖産政策として始まりましたが、18世紀初頭頃に突然廃窯となりました。
〔特徴〕
この磁器は、青、緑、黄などの濃色を多用した華麗な色使いと大胆で斬新な図柄が特色といえます。

【新九谷】
古九谷が廃窯の後、約一世紀後の1807年に加賀藩が、京都から青木木米を招き金沢の春日山窯を開かせたのをきっかけに、
加賀地方一帯に数々の窯ができ、この当時の陶器を「再興九谷」と呼びました。
その後明治時代になると、九谷焼は主要輸出品となり1873年のウィーン万国博覧会などにも出品され、また西洋の技法も取り入れられました。
1872年頃から型押しの技術が九谷焼に取り入れられ、1892年頃には獅子を始めとする置物の製作が盛んとなり、
大正時代には、型が石膏で作られるようになり量産化がされるようになりました。
・ 楽焼(京都府)
16世紀後半に、豊臣秀吉の城郭や邸宅でもある聚楽第の建設で掘り出された土(聚楽土)を使い、
瓦職人だった長次郎が千利休の指導により焼いた「聚楽焼」(じゅらくやき)が始まりです。
〔特徴〕
【黒楽】
素焼き後に加茂川黒石からつくられた鉄釉をかけて陰干し、乾いたらまた釉薬をかけることを繰り返し、その後1000℃程度で焼成する。
焼成中に釉薬が溶けた頃に取り出し、急に冷やすことにより黒く変色をします。
【赤楽】
赤土を素焼きし、透明の釉薬をかけて800℃程度で焼成をする方法で制作します。
千利休のとあるエピソードによると、豊臣秀吉は【黒楽】よりも、【赤楽】の方を好んだそうです。

そのような瀬戸物などの陶器や陶芸品を所有されている皆さん、
「家を大規模に建替えるので、これまで収集した陶器を買取して貰いたい。」
「親族の遺品整理として、陶芸品を手放したい。」
などと思われた際には、東京や大阪などに店舗を展開しているエコリングさんをお勧めします。
こちらではお客さんが利用しやすい買い取り方法を用意していて、
・ 店舗にて、陶芸品買取や陶器買取をする、店頭買取。
・ 種類や数が多い方には便利な、ご希望の場所に鑑定士が来てくれる、出張買取。
・ 宅配便を使うことで、簡単に陶器買取が行える、宅配買取。
などの方法がありますので、自分の都合に合った方法を選んで買取依頼できます。
是非皆さん、エコリングさんで高く買取して貰いましょう。

埼玉県・東京都で刺繍を頼むならHOSAKA(ホサカ)

投稿者: chiro | 2018年2月3日

刺繍 持ち込み

刺繍加工をしたいならHOSAKA(ホサカ)で決まりです。
HOSAKA(ホサカ)ではオリジナル刺繍や、オリジナルワッペン制作をしてくれます。
経験と高い技術を背景にしているからこそ安心して任せることができるのです。
例えば各種スポーツウェアや、ワーキングウェア、ネーム刺繍(名入れ刺繍)までしてくれます。

オリジナルワッペンや刺繍を入れたウェアなどはチームの気持ちを一つにすることができます。
また、個人では柔道着などにネーム刺繍をするのはかなり困難となるものです。
しかしHOSAKA(ホサカ)でしたら、その難しい刺繍にも対応できるからこその安心感があります。
高品質なのに安心価格が魅力なのです。

ワッペン制作に関しても、小ロットから大量生産まで対応をしています。
個人で「オリジナルワッペンを作りたい」そんな要望も叶えてくれるのです。
ワッペンを個人で作るのはかなりレベルが高い技術が必要となります。
凝ったデザインになればそれだけ、プロの技術が必要になるのです。

その点もHOSAKA(ホサカ)でしたら対応ができます。
また、HOSAKA(ホサカ)でしたら、刺繍持ち込みも大丈夫なのです。
難しい要望も応えてくれる可能性がありますので、刺繍加工のことでしたら、まずは相談してみてください。

ベジタリアン・ヴィーガン・ハラルに対応した日本のレストランを探す

投稿者: chiro | 2016年11月23日

Vegan & Vegetarian Restaurant guide | Cherry Garden Japan

人間は日常生活を健康的に送るうえでも、飲食物の摂取はだれでも必要ですね。
日本人だけでは無く、海外から来日される外国人の方もそうです。
しかし海外では、宗教や信条、あるいは食物アレルギーなどの理由で飲食物に制限がある方もおられます。
そんな食事に気を付ける必要がある外国人の方が、日本で自分に合った飲食店を手軽に探すことができるのが、Cherry Garden Japan (チェリーガーデン・ジャパン)です。

こちらのサイトでは、サイト上は英語表記になっているうえに、
・ 都道府県ごとの検索
・ 使用している食材・調味料ごとの検索
・ Wi-Fiや持ち帰りが可能かどうかなど
などの検索ができるようになっています。

そのため、
【ハラール ハラル】
・ 豚及びそれに類する動物の肉については、イスラムの教えにより不浄の物とされているので、飲食することはできない。
・ その他の動物の肉についても、適切なイスラム式の加工処理が必要になる。
・ アルコール類もイスラム教では飲酒の制限があるため、調味料についても気を付ける必要がある。
【ヴィーガン】
・ 酪農などで生産された肉類、牛乳やチーズなどの加工食品を一切摂取しない。
など宗教や信条のある方でも、目的に合った飲食店を探すことができます。
もし来日された知人や友人、取引先の外国の方が食事をできるお店を探しているなら、ぜひ教えてあげてください。
きっと、日本のおもてなしを感じてくれると思いますよ。

楽譜、輸入楽譜、バンドスコア、教本が高く売れるお店です

投稿者: chiro | 2016年8月24日

楽譜買取

皆さんの中には、学生のころにロック音楽に憧れて、気の合った仲間とバンド活動をされていた方も、いらっしゃると思います。
しかし、社会人になると仕事や家庭生活に追われて、集まる時間を取って演奏することも難しくなり、自然に解散してしまうこともあります。
もしそれで、楽譜やバンドスコアが不要になったら、資源ごみとして処分してしまうよりも、くじら堂さんの出張買い取りを利用するのはどうでしょうか。

こちらのお店では、
・ バイエルピアノやハノンピアノ、ウクレレやギター、三味線などの教則本。
・ 児童向けの音楽や楽器演奏についての、入門書や解説書。
・ 日本の有名な、GLAYやポルノグラフィティ、スピッツなどのバンドスコアや楽譜。
など楽器演奏に関する物の他にも、
・ アーティストの後援会が発行していた、会報誌やサイン入りグッズ。
・ ライブ会場で盛り上げるときに使用する、ペンライトなど。
など音楽関連ジャンルの品物も、くじら堂さんでは買取りすることができます。

また、不要になったギターやアンプなどの楽器でも、こちらのお店は出張買いとりをしてもえるそうですよ。
ですので皆さん、不要になった楽譜やバンドスコア、楽器などはくじら堂さんに買い取りをしてもらえば、それらを必要としている人の手に渡るうえに、皆さんには、貴重な現金収入が手に入れることができますよ。

茶道具買取りならやましょうで決まり

投稿者: chiro | 2016年4月22日

「やましょう」茶道具買取店

茶道具買取りのことでしたら、やましょうに相談してみてください。
茶道に興味が無ければ、茶器なども、どうすればいいのか分からないですよね。
茶碗などもそのまましまっておくのも、なにかもったいない気がしませんか?
何よりどれだけの価値があるのか気になる方もいるかもしれません。
茶釜など、高名な作家が制作したような道具もあります。
そのような茶道具、実はとても価値があり、高い金額を出して欲しがる人もたくさんいるのです。

しかし多くの人は茶道具の価値は分かりませんよね。
そんな時、やましょうが力になってくれます。
やましょうは茶道具買取を行っているからです。
茶道具をリサイクルショップへ持って行ったものの、すごく安い査定額しか出ない場合もあるでしょう。
なぜならば茶道具について専門的な知識が無ければ、まず査定がむずかしいからです。
誰が作ったのか、どれだけの歴史的な価値があるのかが分からなければ、茶道具は、ただの道具でしかありません。
だからこそ安い査定額になってしまうのです。

やましょうなら風炉の買取りなども行っています。
そして知識と経験に照らし合わせて、適切な査定額を出してくれるでしょう。
出張買取も行っていますので、茶道具買取をご検討でしたらやましょうに相談してみてください。

骨董品や掛軸を売るときはくまねこ堂へ

投稿者: chiro | 2016年1月29日

掛軸買取くまねこ堂

家の中に骨董品は無いでしょうか。
他にも美術品が眠っている事はありませんか。
具体的にどんな物かと言えば、例えば根付や、印籠、櫛や、煙管等があります。
このような物は美術品としても世界的に評価されているのです。

専門知識が無ければその評価はなかなか難しいでしょう。
何故ならば年代や誰が作ったのかも重要な査定額のポイントになっているからです。
だからちゃんとした価値を理解出来る業者さんに、査定を依頼しなければなりません。
東京や千葉、埼玉や茨木、神奈川等で良い骨董品業者さんを探しているのでしたら、くまねこ堂さんはいかがですか。
骨董品買取、美術品買取、根付・印籠・櫛・煙管(キセル)買取等の出張買取を行っている骨董業者さんです。

くまねこ堂では根付や印籠、櫛や煙管等、細工物に詳しい専門スタッフさんも在籍しています。
専門的な知識を駆使してどれだけの価値があるのかを、きちんと査定をしてくれますので安心出来るでしょう。
家の中から突然、見慣れない根付や印籠等、古い細工物が見つかったのでしたら、くまねこ堂さんにまずは相談してみませんか?
思わぬ価値が眠っているかもしれません。
適正価格を希望するならばくまねこ堂さんです。

古い箪笥の処分に困っていませんか

投稿者: chiro | 2016年1月6日

桐たんす買取

皆さんは桐ダンスが、今高い評価を得ていることをご存知でしょうか。
特に欧米の方が、動画サイトや日本に訪れて実物を見て、桐ダンスの機能性にとても驚いているそうです。
たしかに桐タンスに使用されている桐材には、
・ 防虫性 桐に含まれている天然成分、パウロニン、セサミンなどが、衣類に虫食いなどを引き起こす害虫の侵入を防ぐ効果がある。
・ 難燃性 燃え出す温度(発火点)や火のつく温度(着火点)が他の木材と比べると、高いので燃えにくい。
・ 湿度調整効果 大気中の水分が多い時は水分を吸収し、水分が少なくなったときには放出する。
など優れた効果があります。

そんな桐ダンスを倉庫の改築や解体、新しい収納を購入などで不要になられたら、美乃里商店さんなら、関東圏の皆さんがご希望される場所まで、出張料と査定料ともに無料で買い取りに来てもらうこともでき、またほかの地域の方でも、買い取り希望の品物の品質や量によっては、全国どこでも来てもらえるそうです。

また美乃里商店さんは、桐ダンス以外の飾り棚や花台などの古家具などや、
・ 骨董品  ・ 掛け軸や絵画 ・ ペルシャ絨毯 ・ アンティーク時計
・ 着物や和装小物 ・ 西洋アンティーク
なども買い取りをすることができるそうです。
皆さんも不要になられた桐ダンスや古い家具、骨董品などがありましたら、美乃里商店さんに買い取りをしてもらえば、必要としている人の手にも渡るうえに、臨時の収入にもなりますよ。

みなさまのお役に立ちたい…役立ち隊参上!

投稿者: chiro | 2015年12月15日

みなさまのお役に立ちたいから役立ち隊は動きます。
みなさまにもご贔屓にしているお店や会社はあるでしょう。
しかし「もう少し値段が安ければ」「もうちょっとだけサービスが良かったらいいのに」なんて考えている方も中には居るのではないでしょうか。

「でもいまさら違うお店や会社を探すのも億劫だし。それより仕事や家事をしなければ」と考えて新しいお店や会社を探すのをあきらめるなんて、もったいないです。
そんなみなさまのために、役立ち隊は戦います!

具体的になにをするのかと言えば、みなさまの代わりに、お得な情報や世の中にまだ知られていないけれど、「知ってよかった」と思えるサービスを紹介していきます。
「なぜそんなことをするのかって?」
それはみなさまのお役に立ちたいからです。

個人向けのサービスだけでは無く、企業のビジネスチャンスにつながる情報まで出し惜しみせずに提供していきます。
知り得た情報を、ご家族の方やお知り合いにも積極的にご紹介してみてください。
いつのまにか、あなたが人の輪の中心になっているかもしれませんよ?

役立ち隊はみなさまのお力になりたいのです。
「役立ち隊があって良かった」そんな風に思われるブログにしていきますので楽しみにしておいてください!